ゆめたまご表紙

コクーンとは?

ボーカルの水月悠里加(みづき ゆりか)とキーボードの本田裕子(ほんだ ゆうこ)の二人によるグループ

主婦だからこそ母親だからこそ歌えるほんとうのメッセージ! 飾らずストレートに表現された“家族の絆”“命の尊さ”

コクーンは、子供が小学生の頃PTAを通して知り合った水月悠里加と本田裕子の二人のバンドです。
自分たちの人生の体験や想いを歌に込めて、「家族の絆」「いのちの大切さ」「自然からのメッセージ」「世界の平和」…をテーマに、全国で500回以上の演奏活動をしています。

現在までに4枚のCDアルバムを制作、 2009年には、ビクターエンタテイメントから「ちぃちゃんの歌〜コクーンベスト」をリリース。
NHK「@ヒューマン」や NTV「誰も知らない泣ける歌」、4大新聞など、各種メディアでも取り上げていただきました。


   母なる宇宙の愛の歌
   生きとし、生けるもの
   目に見えるもの、見えないものにも
   全てのものへ愛を届ける・・・・

   愛と絆を歌う“コクーン”です。

 

プロフィール

水月悠里加(みづき ゆりか):ボーカル

帯広に生まれ、父の影響で物心つく頃から歌い始める。小学校の頃は札幌の児童合唱団に所属、中高時代は、合唱部の助っ人として活躍。この頃から詩を書き始め、フォークソング、シャンソン、クラシック、懐メロなどあらゆる分野の歌に親しむ。大学卒業後は、シンクタンクで企業のPR誌を何冊も手がけ、長男出産後はフリーランスの編集&ライターに。子供が生まれてから歌を作るようになり、息子の通う小学校で本田と出会いコクーンを結成。コクーン活動での他、カンパニー・ソング(社歌)、朗読CD等にも関る。カエル、散歩を愛する。

悠里加写真悠里加写真

本田裕子(ほんだ ゆうこ):キーボード&コーラス

学生時代から、数々のバンドのキーボーディストとして活動。YAMAHA主催「イースト・ウエスト」優秀賞受賞。その後、ツアーサポート、テレビ、ラジオ等でキーボーディストとして活動。出産とともに音楽活動から一時引退するが、水月との出会いで2000年コクーンを結成し、音楽活動を再開。コクーンの活動と同時に、他のアーティストのプロデュースや、カンパニー・ソング(社歌)、朗読CD等を制作。NHK文化センターで「たった一枚のCD作り」の講師としても活躍。2010年、娘との親子ユニット「 CO906.」も結成。

裕子写真裕子写真

このページの上部へ